沖縄賃貸・不動産・沖縄不動産査定のCUBE(キューブ)

不動産の玉手箱CUBE

お電話でのお問い合わせ

098-894-4141

任意売却について

住宅ローンや借入金の返済で困っている・既に毎月の返済が滞っている・自宅に「競売」の通知が届いた

等など、どこに相談したらいいのかわからない時はCUBEにご相談ください。

任意売却とは・・・

任意売却とは、突然の病気や勤務先の倒産などにより住宅ローンの返済ができなくなった方(債務者)が銀行などの借入先(債権者)の同意を得て、不動産を競売にかけることなく、任意に売却する事です。

任意売却と競売の違い (任意売却のメリット・競売のデメリット)

任意売却
競売
本来の市場価格に近い価格で売却ができる為、残債を減らせる可能性があります。売却価格裁判所が決定した売却可能価格(市場価格の概ね70%)で入札が行われる為、残債が多く残る可能性があります。
債務を圧縮し、残債を無理なく返済できるよう、今後の返済計画について交渉できます。残債務残債務についての交渉は困難な為、ご自身で返済方法を考えていかなければなりません。
債権者が認める範囲内で、引越し費用や再出発のための生活資金が残せる場合もあります。再出発の資金売却代金はすべて債権者が回収するため、手元には一円も残りません。
引越し時期は買主との交渉により決めるので、ある程度は相談に応じてもらえます。引越し時期競売の落札者に決定権があり、強制退去を求められる場合もあります。
任意売却なら通常の売却と変わらない為、事情を知られることはありません。また方法次第では住み続ける事も可能です。ご近所との関係新聞やインターネットで公開される上裁判所からの調査が入る為、競売が周囲に知れてしまいます。

状況により異なりますが、多くのケースで任意売却は競売よりも有利といえます。

任意売却のポイント

早期相談

一人で悩まず、まずはご相談ください。
返済が困難になりそう、返済の目処が立たなくなってきた等、時間に余裕をもってすぐに相談いただければ、その分債務者にとって有利な条件で交渉をまとめられる可能性が高くなります。

交渉力

債権者とうまく交渉していかなければ結局「競売」になってしまいます。
より有利な条件で債権者の同意を得られるよう、交渉力がある不動産会社を選びましょう。

販売力

債権者の同意を取り付け、いざ販売に持ち込んだとしても買手が見つからなければ意味がありません。適正価格で、早期に売却ができるように、販売力がある不動産会社を選びましょう。

任意売却の流れ

1
無料相談現在の状況、これからどうしたいのか、具体的にお伺いしたうえで現状を分析し、最適な方法をご提案いたします。

2
媒介契約ご提案内容に納得していただけましたら、
媒介契約を結びます。

3
債権者との交渉債権者(金融機関)と今後の返済計画等に
ついて、あなたに代わって交渉します。

4
販売活動自社での広告活動等、
幅広く買主を募集します。

5
売買契約買主が見つかり次第、売買契約を締結します。

6
決済決済・引渡の際には、債権者に抵当権の抹消、または競売・差押え等の取り下げをしてもらいます。

7
再出発新生活スタートにあたり、引越し先探しの
お手伝い等、お気軽にご相談ください。

秘密厳守!ご相談から任意売却成立まで、親身になって寄り添います。

CUBEは買取り致します!

ページのトップへ