沖縄賃貸・不動産・沖縄不動産査定のCUBE(キューブ)

不動産の玉手箱CUBE

お電話でのお問い合わせ

098-894-4141

家を売る前に知っておきたい4つのノウハウ

かしこい売却術

居住用財産を売却した場合の優遇措置

ご自身で所有しているマイホームを売却した場合、所有期間の長期・短期に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例があります。これを、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」といいます。 特例を受けるためには、自身が実際に居住している家屋を売るか、家屋と共にその敷地や借地権を売ること。また、以前に住んでいた家屋や敷地等の場合には、住まなくなった日から3年目の年の年末までに売却すること等の「適用要件」がありますが、新築建築中の仮住まいや別荘等の売却の場合は当該特例が受けられない場合や、確定申告による申請が必要となるなど各所注意点があります。

写真

マイホームの所有期間が10年を超えている場合

また、マイホームの所有期間が10年を超えている場合、「居住用財産の譲渡の低率(分離)課税」の適用も受けることが可能です。この特例を受けることにより所得税・住民税が軽減されます。

その他にも

マイホームを売却して、新たにマイホームを購入した場合、売却による損失が発生した際には、その譲渡損失をその年の給与所得や事業所得などの所得から控除することができるなどの「居住用財産を買換えた場合の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例」や、住宅ローンのあるマイホームを住宅ローン残高を下回る価格で売却し損失が生じた際にはその年の給与所得や事業所得などの他の所得から控除できるなどの「特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」等の制度があります。

このような制度を活用することにより、払わなければならない税金を最低限に抑え、最終的に手元に残るお金を増やすことが可能です。

不動産を高く売る方法

売却不動産を見学するお客様は、これから先10年20年と長期に渡る自身の生活をイメージして
見学しています。

写真

物件は見た目が9割!

外壁が汚れていたり、雑草が生い茂ったお庭では、購入意欲も半減してしまいます。まずは、汚れた建物の外壁や塀を高圧洗浄機でキレイにし、お庭は草刈で見た目をスッキリさせます!
当社は商品としての物件メンテナンスを十分におこないベストな状態でご案内しています。このように物件に手間をかけることにより、不要な指値(売却価格の減額)交渉や、リフォーム・お掃除代などの名目での減額交渉等を排除することが可能です。

収入を増やして高値で売却

収益物件を売却する場合、ロケーションや希少性といった物件個別の価値が重要ですが、一番のポイントとなるのは利回りや稼働率です。 
いくら満室時の想定利回りが高くても、稼働率が低かったり空室期間が長期に渡る物件は、実際に得られる収益が少なく、投資家からは敬遠されてしまいます。

当社は、物件を満室にする手段を持っています!

管理会社として実績豊富な当社は、物件を満室にする手段を持っています! 賃貸物件管理会社としての実績をもつ当社は、一般的な賃貸営業会社のように様々な物件の客付業務をおこなうのではなく、自社管理物件に特化した客付をおこなうことにより迅速かつ特定の物件を強化した販売戦略により早期客付対応が可能です。
また、県内初となる賃貸プランとして「0円入居~家賃だけ持ってきて~」等、早期満室経営が可能となる戦略を持ち合わせています。満室にすることにより、売却物件の収益性をアピールし魅力ある投資物件としてご紹介することにより、より高く売却できます。

ページのトップへ